Philips HTL5120レビュー

4の画像1



レビュー時の評価価格250 inc VAT

BluetoothとHDMIをサポートする素晴らしいサウンド、手頃な価格のサウンドバー

広告

仕様書

http://www.johnlewis.com

テレビにサウンドバーを追加すると、ホームシネマの設定をすばやく簡単に改善できます。サウンドバーは複数のスピーカーシステムよりも配線が少ないため、衛星用のスペースを確保する必要はありません。かさばる別個のアンプも必要ありません。フィリップスの最新のサウンドバーはさらに一歩進んで、サブウーファーを統合してさらにスペースを節約します。





HTL5120は、楕円形のシャシーのおかげでゴージャスに見えます。シャシーは、黒い布のメッシュで覆われ、つや消しアルミニウムトリムで仕上げられています。テーブルに置いても壁に取り付けても見栄えがするはずです。

小さな電源ボタンと白いLED入力インジケータの列は、見苦しいポートや設計フローを中断する不必要な線がなく、最小限のテーマを継続します。ミッドレンジ製品向けに非常によく構築されており、高品質の構造であり、角を切る兆候はありません。



HTL5120の入力はすべて、ユニットの背面のコンパートメントに隠されています。 Blu-rayプレーヤー、セットトップボックス、またはゲームコンソールを接続するための2つのHDMI入力と、オーディオリターンチャネル(ARC)をサポートする1​​つのHDMI出力があります。 ARCを使用すると、余分な配線を必要とせずにHTL5120でテレビのサウンドを再生でき、非常に便利な機能です。

HTL5120には、デジタル光学入力および同軸入力、アナログRCAジャックのステレオペア、および補助ソースまたはスマートフォンを接続するためのユニット上部の3.5mmオーディオ入力もあります。悲しいことに、分厚いケーブルを入れる余地はあまりなく、電源コードの間に2本の太いHDMIケーブルを挿入するのに苦労しました。



音楽をストリーミングしたい場合は、タブレットまたはスマートフォンをサウンドバーに直接ペアリングできるHTL5120のBluetooth接続に感謝します。

HTL5120にLCDディスプレイがないのは残念です。1フィート以上離れていると、現在選択されているプリセットを示す小さなLEDライトが読めないためです。迷惑なことに、低音などのトーンコントロールを調整するたびに音が一瞬途切れます。これは、トーンを1ステップずつ段階的に調整する必要があるためです。私たちは、トーンを調整するための定期的な線形手段を持ち、この行動がいらいらすることを望んでいます。

ユニット自体には電源スイッチ以外のボタンはないため、サウンドバーの音量、入力選択、イコライザー設定をリモコンで調整する必要があります。専用の低音、高音、オーディオ同期コントロール、仮想サラウンドサウンドエフェクトのオンとオフを切り替えるボタン、低音の量を一時的に減らすナイトモード設定、各入力の個別のボタンがあります。

オーディオ品質

使用中、HTL5120はテストトラックとフィルムを最大限に活用し、温かい音を出しました。他の周波数範囲に圧倒されない明確な中音域があり、これにより、忙しいビデオシーケンス中でも音声が聞き取りやすくなりました。

比較的小さな音量であっても、テストルーム内で他の多くのサウンドバーよりも大きな存在感を示しています。さらに、歪みを聞くことなく大量にHTL5120を使用できます。

HTL5120のミッドレンジドライバーとハイエンドツイーターは、オーディオをリスナーに向け、どちらかの端のポートは部屋の周囲のサウンドも狙います。音楽には適していますが、映画を観るにはVirtual 3Dサラウンドサウンドエフェクトの方が適しています。 5.1スピーカーの実際のセットアップを模倣し、標準モードよりもはるかに広いサウンドステージを作成することになっています。それでも、複数のスピーカーを置き換えることはできません。

独立したサブウーファーはありませんが、HTL5120は音楽や映画に真の深みを与える印象的な深みのある低音を作成できます。家具をガタガタ鳴らすことはありませんが、隣人を困らせることはありません。また、ミックスの残りの部分を圧倒することを回避し、重いアクションシーケンス中に、ガラスの破れなど、より詳細で高周波数のサウンドを鑑賞できるようにします。

HTL5120が壁に取り付けられた位置にあり、そのスピーカーが直接私たちに向いているときに、私たちはHTL5120から最高のものを得ました。平らに置いたときに音声出力を微調整することになっている方位センサーがありますが、HTL5120はスピーカーが向いているときにより多くの存在感があることがわかりました。

結論

HTL5120は、お得なサウンドバーです。同様に価格設定されたサウンドバーは、音質や接続性の点では一致しません。LCDディスプレイでは設定の調整が簡単になりますが、箱から出してすぐに聞こえます。見た目も素晴らしく、真の5.1がオプションではないホームシネマシステムを補完するはずです。

詳細

価格£250
格付け*****
ベストバイ

接続

HDMI入力2
HDMI出力1
コンポーネント入力0
コンポーネント出力0
合計SCARTソケット0
SCARTソケットタイプ0
Sビデオ入力0
Sビデオ出力0
コンポジット入力0
コンポジット出力0
ステレオフォノ入力1
ステレオフォノ出力0
同軸S / PDIF入力1
同軸S / PDIF出力0
光S / PDIF入力1
オプティカルS / PDIF出力0
マルチチャンネル入力いや
スピーカー構成2.0
本体エンドスピーカー接続タイプなし
スピーカーエンドスピーカー接続タイプなし
有線ネットワークポートなし
無線ネットワークのサポートなし

再生

光学式ドライブいや
リージョンフリーなし
サポートされている再生ディスク形式なし
オーディオ形式のサポートなし

スピーカー

スピーカー構成2.0
RMS出力120W
RMSパワーセンターなし
RMSパワーフロント120W
RMSパワーサラウンドなし
RMSパワーサブウーファーなし
壁に取り付け可能はい
センタースピーカーケーブル長なし
フロントスピーカーケーブルの長さなし
サラウンドスピーカーケーブルの長さなし

全般

サイズ1010x154x81mm
消費電力スタンバイ0W
消費電力オン38W

購入情報

価格£250
保証1年RTB
サプライヤーhttp://www.johnlewis.com
詳細www.philips.co.uk
言語
Spanish Bulgarian Greek Danish Italian Catalan Korean Latvian Lithuanian Deutsch Dutch Norwegian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Turkish French Hindi Croatian Czech Swedish Japanese